車好きヨットマンのひとりごと♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 第46回小網代カップに参加してきました

<<   作成日時 : 2008/12/17 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年11月2日(日)〜3日(月)
北北西 1〜10ノット のち 南西 20〜40ノット(爆)

前回の予告通り
「kamakura小網代カップに初挑戦!!」の巻w

KFRで好調が続くkamakura。
勢いに乗って第46回小網代カップレースに参加です。
11月下旬に開催されていた頃は大荒れのことが多く、
体力的にも精神的にもタフさが要求されるこのレースですが、
11月上旬に開催日をずらしてからの数年は穏やかになって
しまった大島回りのレースです。
今まで他艇の応援で参加したことがありますが、kamakuraで
参加するのは今回が初めて。
無謀か?奇跡か?kamakuraの大冒険が始まろうとしています。
11月1日(土)に小網代入りして、艤装等を入念にチェック。
買い出し等も済ませます。
いつも情報を見ている携帯サイトの風の予想は、城ヶ島沖は
2日は北より2〜10ノットのち、南西より20〜36ノット(爆)
大島は南西より20〜36ノット(爆)
3日は城ヶ島沖、大島共に南西より20〜36ノット(爆)
晴れている為に大荒れって感じじゃないですが、かなりの強風。
行きも帰りも追い風の乗れれば記録的な速さで終わりそうな予感。
ただ、実際に湾内を見てみると・・・風あるの???
本当に吹くのでしょうか???参加者誰もが首を傾げます。
夕方、共に参加するKERONIAのメンバーと軽い宴会を開き、
明日への英気を養うのでした。

翌日、薄日が差す程度でまずまずの天気。
風は???なさそうです・・・(ノД`)シクシク
長いレースになりそうだねぇ・・・
しかしながら、風の予想を見ると相変わらず大島近辺では
20〜30ノットの強風・・・
どうなることやら┐(´-`)┌
さてさて、今回の小網代カップに参加する艇は
IRCクラス7艇、ORC−Cクラス3艇の計8艇。※
(※ダブルエントリーの艇がいる為)
IRCレーティングで見るとkamakuraはぶっちぎりで低い数値w
完走できれば何かが起こるかも???
期待と不安に胸躍らせながらスタート海面に向かいます。
画像

画像

画像

スタート付近でもやはり風は微風で多少のうねりがあります。
北よりの風の為、やはりスピンで大島へ向かうことになりそうです。
洋上エントリーを済ませ、AM8:30にいざスタート!!
画像

スピンを上げて一路30マイル先の大島を目指します。
ファイトーー!( ゚д゚)乂(゚д゚ )イッパーーツ!!
画像

が、そんな思いもつかの間・・・やっぱり風がない・・・
艇速が2〜4ノットしか出てません。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
これじゃ何時間かかる事やら・・・┐(´-`)┌
地味ぃぃぃ〜〜〜〜〜にスピントリムを続けます。
2時間ほどで集中力が続かなくなり交代。
一休み一休みw
それにしても、風がない・・・いつまでたっても風がない・・・
地道にブローを拾いながら走るも、相変わらず艇速は出ません。

3時間・・・4時間・・・5時間・・・
時間だけが無情に過ぎていきます。
まわりの艇を見ても同じような惨状・・・
風吹け〜風吹け〜必死に祈り続けながら風を待ちます。

6時間・・・7時間・・・大島が微妙に近づいてきました。
しかし、やっと大島までの半分・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
何時間かかるんだか・・・だんだんテンションが下がってきます。
風は相変わらず微風。
どうすることも出来ないまま艇を走らせます。

8時間・・・9時間・・・徐々に大島の島影が大きくなっていきます。
龍王崎まで残航5マイル。
陽も落ち始め辺りが徐々に暗くなっていきます。
多少のブローはあるものの未だに微風・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
何とかしてくれぇぇぇぇぇぇ

10時間・・・
書くのが悲しくなってくるくらい風がない・・・

11時間・・・おっ!?
多少風が吹いてきますO(≧▽≦)O ワーイ♪
念のため携帯で大島灯台の情報を聞くことに。
「北西の風10〜12m」
現状を見る限り、そんなに吹くようには思えませんが、
実際の観測値なので信用するしかありません。
以前書いたとおり、kamakuraのジブはハンクス式なので、
強風下でのジブチェンジは命懸けになります(;´Д`)
すでに日は暮れて真っ暗です。従って安全を優先させる為に
風がない今のうちにセイルチェンジをすることにします。
メインにワンポイントリーフを入れ、No3ジェノアに変更。
これで万全です( ´∀`)bグッ!
そうこうしていると、1艇引き返してきます。
どうやらセイルを破いた様子。
・・・・セイルが破ける???・・・・
大島の速報、今までの風の予測が現実味を帯びてきます。
風来るぞぉぉぉぉ
゚・*:.。..。.:*・゚ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゚゚・*:.。..。.:*
喜びもつかの間、事態は思わぬ状況へと展開するのでした・・・
12時間・・・
龍王崎の東を抜け波浮港が見えてきたそのときっ!!!
ゴォォォォォォォォォォ・・・・・・!!
ブワァァァァァァァァァ・・・・・・!!
なんて表現すればいいのか分からないくらいの強烈な風><
艇が横倒しになりそうなくらいの突風です。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
セイルチェンジをしていたおかげですぐに艇を立て直し
千波崎に向けて進みます。
がっ!!風は真上り、うねりは2〜3mと大荒れの模様。
船体の軽いkamakuraは木の葉の様に波にもまれます><><
ハイクアウト組はスプレーを浴びてずぶ濡れ(´Д⊂ヽ
出来の悪いジェットコースターに乗っているようです。
ヒールがきついので、タック時反対側への転落を懸念し、
一度コクピット内に入りハーネスを装着後、徐々に移動。
狭いコクピット内に大人7人がすし詰めになる状態はカオスw
千波崎を抜ければ追っ手になる為、1マイル強の辛抱です。
がっ、真上りの為にタックを繰り返さなければなりません。
艇速はあるのですが、タッキングアングルが120度(核爆)
レース用のメインは2ポイントリーフがない上に、
この状態じゃジブチェンジも出来ません。・゚・(ノД`)・゚・。
kamakuraの性能の限界なのでしょうか・・・
結局、PM9:30kamakuraはリタイアを決意するのでした。
セイルを下ろし、小網代へ引き返しますが、風とうねりは
そのまま・・・キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
豪快なサーフィングをしながら帰路につきます。
ヘルム、仮眠を交代で取りながら疲れを取ります。
レース中は気づかなかったのですが、寝て起きると寒い・・・
((´д`)) ぶるぶる・・・さむ・・・
AM4:00頃、kamakuraは無事小網代へと帰港するのでした。
後片づけを済ませた後、クラブハウスで小網代カップ恒例の
おでんとお酒のサービス。
冷え切った体にはたまりません(´▽`) ホッ
そんなこんなで、kamakuraの初挑戦となる小網代カップは
幕を閉じるのでした。
「来年も出るぞっ!!」の誓いと共に・・・・・・




(゚∇゚ ;)エッ!?まじっすか???www

ではでは(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第46回小網代カップに参加してきました 車好きヨットマンのひとりごと♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる