車好きヨットマンのひとりごと♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年7月のKFRに参加してきました(前編)

<<   作成日時 : 2011/07/20 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年7月17日(日)晴れ 南より10〜18ノット

今月は相模湾オープンヨットレースとのダブルエントリー。
過去何回かKFRとジョイントで行われているレースですが、
ダブルエントリー艇はシーボニアAクラス(大型艇)に
エントリーしなければならず、正直小型艇にはあまり旨みのない
レースです。・゚・(ノД`)・゚・。
ただ、2004年に開催されたレースでは参加艇のほとんどが
マークを間違えて回航するという前代未聞のアクシデントがあり、
後方を走っていたkamakuraはいち早くそれに気づきマークを
回航しなおしてホワイトクラスで優勝するという珍事!?を
経験したことがあるレースです。
ちなみに私はサーモン4に乗っていたのですが、マーク間違いに
気づいたのがフィニッシュライン通過後でコースを2周するという
これまた前代未聞の珍事を経験><
従って優勝を味わってない・・・Σ(ノ∀`)ペシッ
前置きはさておき、下期最初のレースになのでスタートダッシュを
決めたいところです。
スタートが10:50と普段のKFRより遅いのですが、
いつも通りに出航しスタート海面をチェックしにいきます。
風は南よりの中風で快晴と絶好のレースコンディションです。
がっ!!所々に藻の大群が><;
これ引っかけたらアウトだな・・・
アウター側からスターボでラインを切れそうなので、藻に細心の
注意をはらいながらアウター付近でスタートを待ちます。
画像

フラッグの見落としがあり多少ビハインドがありましたが
10:50にスタート。
画像

画像

即スピンアップしスターボで最風下を目指します。
ほとんどの艇はポートでスピンを上げていた為、蹴散らしながら
艇を走らせ最風下に出たところでジャイブ。
画像

相模湾オープンは岸寄りを走った艇が上位入賞する確率が高いと
いう統計があったので、今回は出来るだけ岸寄りを走らせようと
いうことになりました。
そのまましばらく走らせますが、先行艇の中には更に岸寄りを
走らせている艇が若干います。
風上側の先行艇と比較しても岸寄りの方が風がありそうです。
更にジャイブをして岸側に突っ込むことにします。
今回私はスピン&ジブトリマー。
炎天下の中必死にトリムしますがとにかくι(´Д`υ)アツィー
水分補給をマメにしながらマークを目指します。
岸側へ入れたことが功を奏し先行艇との差が縮まり始めます。
横の見通しではトップ艇団にさほど遅れは取っていない模様。
(・∀・)イイ!!
ただ、マークは近づくにつれ岸側のアドバンテージはほとんど
無くなる為、徐々に先行艇とは距離が離れていきます。
今回ニューセイルで参加している未央に先行されるものの
長者が埼沖のマークもなかなかのポジションで回航し、即タック。
未央はそのまま沖出しコースを取りますが、kamakuraは往路と
同様に岸寄りを走らせることにします。
これが運命の分かれ道になるかっ!!
風速も徐々に上がりMAX20ノット位まであがります。
マーク回航後は20分後にスタートしたORC・IRCクラスの
艇に追いつかれ大フリートに。
オープンヨットレースならではの光景です(・∀・)イイ!!
それにしても、レーサーは速いですねぇ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
定置網を交わす為にタックをし、亀城礁を交わせる位置まで
沖出しした後にまたタック。
信念を持って岸側を走らせます。
ハイクアウトをしていた為、他艇の同行がよく分かるのですが、
未央の姿が見あたりません・・・o(゚Д゚ = ゚Д゚)o キョロキョロ
先行かれちゃったのかなぁ(´・ω・`)
ただ、ライバルは未央だけではありません。
今回はサンビームとのデッドヒート。
タックの度に順位が入れ替わり、気が抜けない状況です。
ゴールへ向けた最後のミートでは先行を許す屈辱の展開><
サンビームは本部艇側、kamakuraはアウター側へ分かれて
ゴールを目指しますが、30秒ほど遅れてゴール・・・orz
画像

画像

修正では勝てているのですが後味の悪いゴールでした。
しかしながら、先行艇の状況から推測すると決して悪くはない
ポジションでのゴールとなるのでした。
ただ、結局ゴールするまで未央の姿は確認出来なかった為
モヤモヤしながら小網代へ向かっていたときのことです。
後ろに未央がっ!!
゚・*:.。..。.:*・゚ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゚゚・*:.。..。.:*
これで、順位が1つ上がる事確定ですv(´∀`*v)ピース
モヤモヤ感も晴れて和やかムードで帰港するのでした。

前述の通り、KFRと相模湾オープンとのダブルエントリーは
小型艇にはあまり旨みがないのでおまけ程度にしか考えておらず
KFRの結果ばかりを気にしていたので、この時点でこれから
起こる奇跡の出来事は予想だにしていませんでした。

さてさてkamakuraに何が起こったのかっ!!

後半を乞うご期待っ!!

書くのが疲れた訳じゃないんだからねっ!!(汗)

ではでは(^^)

おまけ
今回の相模湾オープンの航跡はこちら↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年7月のKFRに参加してきました(前編) 車好きヨットマンのひとりごと♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる